暖炉の温もりにいやされる片流れの家

Living

大きな片流れの屋根が印象的なI様邸。

『和のテイストと、暖炉を組み合わせた落ち着いた空間にしたい』
というご要望のもと家造りがはじまりました。

周辺環境に溶け込んだデザインは、I様こだわりの外観。

しっくい壁のホワイトと、
床や造作材のダークブラウンの組み合わせ、
ダイナミックな吹抜けに採り入れた建築化照明は空間にゆとりとやすらぎをもたらしてくれました。

開口部や居室の入口に採用した<障子>は
通気性と保湿性、そして保温性にも優れた日本の伝統的な素材です。

さらに、障子紙は暖かさを感じつつ
日光をさえぎる機能や
光を拡散させる機能もあるため、
一年を通してやわらかく均一の光を室内に与えてくれます。

残念ながら画像がありませんが、
猫ちゃんのための配慮も随所に採用。

人にもペットにも心地よい空間に仕上がりました。

外観

LDK

【担当:インテリアコーディネート・照明及び電気設備設計】

画像提供:エアムーブ1級建築士事務所