ニトリにIKEA、それとも無印?失敗しない家具選びのための最初の一歩♪

よくクライアントの方から

———————–

「〇〇のソファを購入予定ですが、どう思いますか?」

「家具の予算を◯◯円で考えていますが、間に合いますか?」

「家具は何を基準に選んだら良いのでしょう?」

———————–

などのご相談をいただきます。

今の時代は、結婚すると
婚礼タンスを購入する文化もなくなりましたし^^;

家具選びのコツやポイントなど、
教えて貰う機会がありませんから。

立ち止まる方が多いのも頷けます。

家具選びをはじめるときは、
素材やデザイン、サイズ、予算などわかりやすい部分に目を向けがちですが。

でも一番大切なのは、
目に見える部分ではありません。

まずは、下記の3つのポイントからチェックしてみてください♪

 

失敗しない家具選びの3つのポイント


 

家具選びをするときは、

・なぜ、家具を購入したいか?
・何年使うか?
・買い替えたい?それとも、一生使いたい?

など、目に見えない部分をイメージすること。

家具は見た目を整える物ではなく、
日々の暮らしを支える道具。

自分のライフスタイルや価値観にあうものを選ぶのが一番です。

選び方一つで、
心地よさも快適さも飛躍的に変わるから。

まずは自分の心と向き合って
失敗しない家具選びを実践してみましょう!

 

・なぜ、家具を購入したいか?


 

例えばソファを購入するとき、

・空間の統一感やデザイン性を最優先したい。
・見た目を整えたい。
・新居には憧れのソファを置きたい

など、購入理由は人それぞれ。

デザイン性や見た目が最優先なら
【素材やデザイン】を優先させればOkです。

でも、

 ・ソファで読書や昼寝をしたい
 ・ソファでゆったりくつろぎながらTVを観たい
 ・ソファを家族が集まる場所にしたい

など、ソファのある暮らしをイメージしている方は、

見た目はもちろん、

座り心地や、長時間座ったときの体の具合、
寝たりあぐらをかいたりできるかなど

五感で感じる心地よさを、優先させると良いでしょう。

 

何年使うか考える


 

家具を購入するとき
大切なのは、「この家具は、何年使う?」をイメージすること。

というのも、
家具は家電のように
定期的な買い替えが必要なものではありません。

それに、大きな家具処分するにも
手間や費用が発生することが多いため、精神的な負担も伴います。

使う年数をイメージできたら、
1年あたりの単価を計算してみましょう。


上質な家具は、

長期的に捉えると、
コストパフォーマンスが良いことが多いです。

 

買い替えたい?それとも一生使いたい?


 

家具はコマメに買い替えたいか、できれば一生使い続けたいか。

あなたはどちらを選びますか?

一生モノと呼ばれる家具は、
使い心地のよさはもちろん、

耐久性に優れていたり、
メンテナンス体制がしっかりしていることが多いです。

反対に、安価なものは
メンテナンスやサポートよりも
見た目とコストが優先される傾向にあるようです。

どちらが自分の価値観に合うかを考えながら、
具体的な商品選定に入ると良いでしょう。

 

 

まとめ


 

家具選びの最初の一歩は、

・なぜ、家具を購入したいか?
・何年使うか?
・買い替えたい?それとも、一生使いたい?

など、目に見えない部分をイメージすること。

家具を選ぶということは、
暮らしのパートナーを選ぶということ。

自分の心に寄り添った家具選びは、
暮らしを一気にステージアップしてくれます。

参考にしてください^^


自然と暮らしが美しくなる「整理術」のキホン、学んでみませんか?

捨てるだけ、しまうだけでは、美しさは続きません。自然と住まいが美しくなる<整理術のキホン>を学び、心地よい暮らしを手に入れましょう^^
[ ニトリにIKEA、それとも無印?失敗しない家具選びのための最... ]家具・インテリア, , , , 2019/02/06 21:52